知っておきたいお葬式関連基礎知識

突然のお葬式に慌てないために

突然のお葬式に慌てないためにお葬式は時を選びません。突然の訃報から参列すべく、喪服や数珠や香典の準備に大慌てされた経験を、多くの方々がご記憶に違いありません。ある程度覚悟していた場合でも、やはり四六時中意識している訳ではありませんし、いざその時が訪れれば、慌ててしまってもやむを得ないのがお葬式です。

訃報を受ける側でもこの展開ですから、これがご家族を亡くされ、速やかに喪主を務めねばならない、遺族として諸々に対処せねばならない立ち位置となれば、その戸惑いがより一層大きくて当然でしょう。お亡くなりから通夜を経て葬儀へと、時は待ってはくれず、何の予備知識も準備も見当たらぬ状況下となれば、この時点で身動きが取れなくなっても不思議ではありません。

常日頃から大切な家族が亡くなってしまう、お葬式を意識し続ける生活はおすすめできません。ですが万一の際にあわてないために、お葬式に関して踏まえておきたい基礎知識が見過ごせません。故人の遺族親族の立ち位置に立たねばならない場面は、全ての家族にいつかは訪れます。だからこそどのようなお葬式にするのか、費用面の確保はどの程度できているのか、早急に連絡可能な葬儀業者は確保出来ているのかなど、チェックすべき複数のポイントが見過ごせません。可能であれば生前の家族各々の希望など、家族間で共有可能な情報と知識の確認も大切です。

また突然のお葬式の連絡を受けた際にあわてないためにも、普段から何を準備しておくべきなのか、参列時に注意すべきマナーなどを理解しているかなど、参列者の立ち位置からのチェックも大切です。意外と多くの方々が見過ごしがちなポイントや、誤った解釈のまま振る舞ってしまう場面が少なくありません。こうした豆知識的な部分を軽視するのではなく、一通り再チェックしておく作業は無駄ではありません。今日であればインターネットを通じ、多くの関連情報が閲覧できますが、やはり信憑性に不安がないきちんとと配信元が明記された情報を参照してください。時に地域によって、あるいは宗派によって違いが見られる部分もあります。不安な際には事前に直接確認するなど、憶測だけで振る舞ってしまい、結果無意識のうちの失礼となってしまわぬよう、注意を払ってください。

またお葬式をとり行うに際して欠かせない、葬儀業者の選択もまた、早い段階にクリアしておくべきポイントです。たとえば最近注目度が高まる家族葬をご予定であれば、自ずと選択すべき業者に求めるポイントもそれに準じた内容となります。葬儀業者各々の特徴の違いを理解し、自分達とのマッチングを含め、複数の候補先からの絞り込み作業を、より早い段階で完了しておく準備も大切です。

最新記事